グローウィン・パートナーズ・アカウンティングとは

会計部門のパートナーとして、全ての企業へ。
上場企業にも選ばれる『高品質』なサービスを『低価格』で提供いたします。

HOME > グローウィン・パートナーズ・アカウンティングとは

Growin’Partners Accounting(グローウィン・パートナーズ・アカウンティング株式会社)は、会計・税務・財務のプロフェッショナル集団です。大手監査法人で監査・M&A支援・IPO支援・税務業務に従事してきたスタッフと、上場企業・上場準備企業などで財務経理業務やCFO業務を実践してきたスタッフの知識と経験を高度に融合させ、上場、非上場を問わず、全ての企業へ、上場企業にも選ばれる『高品質(ハイクオリティ)』なサービスを提供しております。

また、我々は、あらゆる企業に普遍的な経理業務に対する徹底的な「細分化・分業化」「効率化・標準化」の追及とITを駆使した国内外のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)拠点の利用により、ハイクオリティなサービスを、『低価格』で提供することに成功いたしました。

我々は、多くの上場企業グループ及び上場準備企業へのサービス実績に裏付けられた「アウトソーシング」及び「コンサルティング」サービスにより、お客様の成長(Growth)と成功(Win)を支援することをお約束いたします。

グローウィン・パートナーズ・アカウンティングが選ばれる理由

『高品質(ハイクオリティ)』かつ『低価格』なアウトソーシングサービスの提供

当社では、公認会計士の監修により、上場企業グループ、上場準備企業で対応が必要なIFRSや各種最新の会計制度に対応した専門性の高い、高度かつ高品質なアウトソーシングサービスを提供いたします。 また、社内で業務の細分化・分業化と効率化・標準化を徹底的に行い、お客様にアウトソーシングサービスを低価格で提供することを実現いたしました。

上場企業グループへの豊富なコンサルティング実績に基づく付加価値の創造

当社では、豊富なコンサルティング実績にもとづき、アウトソーシングサービスと同時に、業務改善による業務フローの効率化と標準化を同時に行い、お客様がコアな業務へ集中できる体制を構築いたします。また、お客様のビジネスに即した、プロジェクト別原価計算や予算実績管理をはじめとした管理会計制度を設計することにより、お客様の戦略的経営をサポートいたします。

国内外BPO拠点の活用により、様々な規模・業務内容に対応

当社では、中国大連と東北八戸にBPO拠点を有し、国内外の複数拠点で経理業務を中心としたバックオフィス業務のアウトソーシングサービスを提供しております。ITとBPO拠点を活用することで、様々な規模・業務内容のバックオフィス業務全体の効率的な業務構築を支援いたします。

ISO27001認証を取得

illust

お客様の大切なデータをお預かりするため、ISO27001の認証を取得しております(認証登録番号:IS 512647)。仕訳データなど電子データの交換方法のセキュリティのほか、書類のデリバリーに関しても厳格なルールを設け、お客様から信頼を得ることに尽力しています。

他社との比較表

会計制度対応 人材 コスト 柔軟な提案 M&A対応
グローウィン・パートナーズ・アカウンティング
  • 大手監査法人出身の公認会計士の監修により、IFRSをはじめ、各種最新の会計制度にもいち早く対応。
  • 最新の事例に基づき、お客様の実態に即した会計処理のご提案など、より具体的・実践的なサービスを提供。
  • 豊富な人材により決算早期化への対応が可能。
  • 複数の大手監査法人出身の会計士及び上場企業の経理経験豊富なスタッフが在席。
  • 上場企業グループを対象としたアウトソーシング会社であり、高スキルな人材募集が容易。
  • ISO27001を取得し、全ス タッフに対して情報管理の社員教育を徹底。
  • IT及び国内外のBPO拠点を駆使した独自手法に基づく、オペレーションの分業化・標準化により、低コスト化を実現。
  • ほぼ全ての会計ソフトに対応するサービスであり、導入コストが低い。
  • 豊富なコンサルティング実績に基づき、お客様の目的に合わせた提案が可能。
  • 業務ソフトウェアに依存しない業務フローを重視した柔軟な提案。
  • サービス導入時期に制約は無く、期中での受託も可能。
  • 部分的な業務からサービス提供ができる。
  • グローウィン・パートナーズ・グループの豊富なM&A実績に基づき上場会社のTOBやMBO等の組織再編から非上場会社の株式取得や会社分割、各種バリュエーション業務まで、トータルサポートが可能。
中小会計事務所
  • IFRSをはじめ、各種会計制度への対応が未整備なケースが多い。
  • 最新の会計処理事例に接する機会に少ない。
  • 決算早期化への対応が困難。
  • 上場企業の経理経験豊富なスタッフが乏しい
  • いわゆる税務基準に基づく記帳代行業務がメインであり、高スキルな人材確保が困難である
  • スタッフに対する情報管理の社内規定がないケースが多い。
  • 遅めの締日、税務基準に基づく会計処理が前提であれば、比較的低コストで済む。
  • 上場企業グループへのサービス実績及び人材不足から、特徴的な提案力に欠けるケースが多い。
  • コンサルティング及びM&A実績に乏しく、ノウハウが少ないケースが多い。
大手監査法人系アウトソーシング
/コンサルティング会社
  • IFRSをはじめ、最新の会計制度のアップデートが早い
  • 最新の事例に接する機会が多く、大規模なため決算早期化への対応も可能
  • 経理経験豊富なスタッフが在席し、大規模なため、人材募集も比較的容易
  • ただし、属人的な業務体制になる傾向が強い。
  • スタッフに対する情報管理がシステム化されている。
  • 対クライアント毎にチームを構成するため、コストが高い。
  • 使用するソフトウェア制限を受け、利用する機能に比べて、価格が割高になるケースが多い。
  • 豊富なコンサルティング実績に基づく提案が可能であるが、大規模組織ゆえの制約により、柔軟性に欠けるケースが多い。
  • 豊富なM&A実績があるため、各種サポートが可能。

このページの先頭へ