経営陣略歴

HOME > 会社情報 > 経営陣略歴

グローウィン・パートナーズ・アカウンティング株式会社


石原 弘貴 代表取締役(公認会計士)

石原 弘貴

2002年、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入所。国内監査部門にて、大手精密機器メーカーや輸送機器メーカー、医薬品、流通、証券等の幅広い業種の法定監査業務や上場支援業務に従事。
2007年、グローウィン・パートナーズ株式会社入社。2010年より、当社代表取締役。2013年より、グローウィン・パートナーズ株式会社取締役。
上場会社やファンドが買い手となるM&A案件のストラクチャー構築、財務デュー・デリジェンス等のM&A業務に従事。また、TOBやMBO案件等のバリュエーション業務にも精通。M&A全般に渡る専門的なアドバイスにより、多くの案件を成功に導いている。また、上場企業グループの経理業務アウトソーシングや管理会計制度構築コンサルティングを主導。上場企業本体の経理アウトソーシング業務において2週間で引継ぎ、その後の徹底的な標準化・効率化により、4割以上の工数削減に導くなど、プロジェクト・マネジメントには定評がある。また、会計及びその周辺システムの提案やRFP作成支援、セミナー・執筆活動も行っている。


グローウィン・パートナーズ株式会社


佐野 哲哉 代表取締役CEO(公認会計士)

佐野 哲哉

1992年、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入所。法定監査、上場準備支援業務等に従事したほか、NY事務所への派遣を経験。その後、コーポレートファイナンス部門(現デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社)に異動し、多数のM&A支援業務に従事。
2000年、フリービット株式会社(東証M:3843)の設立に参画。取締役CFOとして資金調達、資本政策、予算統制、内部管理体制、人事制度の構築、人材採用等管理部門・経営企画部門全般を統括。財務面では、国内外大手VC、大手証券会社、メガバンク、東証上場企業等からエクイティで約20億円以上の調達を行い、成長企業の資本政策・資金調達・IPO実務に精通。事業を通じて、取引先企業のM&Aを積極的に支援、多くの案件を成功に導く。
2005年、グローウィン・パートナーズ株式会社を創設し、上場企業やファンドによるM&A案件に関するアドバイザリー全般のほか、上場企業向けの財務会計コンサルティング・管理会計制度の構築コンサルティング・経理アウトソーシングの提案・IPO支援などを主導。その他、クライアントの顧問・役員、MBO案件の第三者独立委員などのほか、セミナー・執筆も手がける。


グローウィン・パートナーズ会計事務所


瀧日 聡 代表(公認会計士・税理士)

瀧日 聡

1990年、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入所。法定監査、上場準備支援業務などに従事。後にコーポレートファイナンス部門(現 デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社)の立ち上げに参画し、M&A関連業務に多数関与。
2000年、ベンチャー企業の創業取締役CFOに就任し、資金調達・事業会社買収・自社のバイアウトなどを実施。
2003年、瀧日公認会計士事務所(現 グローウィン・パートナーズ会計事務所)代表就任。法人向け税務申告業務、税務アドバイザリー業務を実施。
2005年、当社創設に参画。上場会社やファンドによるM&A案件の税務ストラクチャー構築、上場企業等を対象とした財務及び税務デューデリジェンス、TOBや MBO案件等のバリュエーション業務を多数手がける。また、民事再生や 私的整理による事業再生案件においても財務アドバイザーとして多数の財務調査や税務ストラクチャーの構築を行っている。



このページの先頭へ

Growin’ Partners Accounting(グローウィン・パートナーズ・アカウンティング)は、経理アウトソーシングサービスで多くの有名企業に提供実績を持っています。経理部門の「負荷軽減」「コスト削減」等の経営課題を「提案型」アウトソーシングサービスで解決。大企業・中堅企業の経理・会計戦略パートナーとして、御社の問題解決と事業発展を支援いたします。