経営管理資料設計・構築コンサルティング

経営者視点のマネジメントレポートをご提案

HOME > サービス > 経営管理資料設計・構築コンサルティング

Growin’ Partners Accounting(グローウィン・パートナーズ・アカウンティング株式会社)の経営管理資料設計・構築コンサルティングは、予算実績表や損益分析資料等、取締役会などで使用する一連の経営管理資料の設計・構築を、会計仕訳などインプット情報の改善からサポートいたします。
お客様のご要望のフォーマットに合わせて、財務データのみならず、経営に必要な販売系や人事系などの非財務データなどを反映したオリジナルの経営管理資料をExcelで作成いたします。さらに必要に応じて、毎月の資料作成を当社にアウトソーシングすることも可能です。

経営管理資料設計・構築コンサルティングの流れ図

このページの先頭へ

準備フェーズ

ご要望のヒアリング

お客様の現在ご使用の経営管理資料をもとに、新しい経営管理資料の使用目的と資料イメージについてヒアリングさせていただきます。

現状及び必要資料の確認

現状の経営管理資料の作成方法や、基礎資料について確認させていただきます。この時点で、ご準備いただける資料をもとに当社でご要望経営管理資料のイメージを作成することも可能です。
その他、ご要望の経営管理資料を作成するために必要な基礎資料となるシステムや電子ファイルなどを確認させていただき、ご要望の資料を作成するための情報が揃っているかどうかを確認いたします。不足情報がある場合には、新たな情報をどのように管理していけばよいか、当社スタッフが具体的な管理方法をご提案いたします。

このページの先頭へ

設計・構築フェーズ

基本仕様の決定

準備フェーズで確認させていただいた情報を基に、経営管理資料作成実務の豊富な実績と経験があるスタッフが、経営者視点のマネジメントレポートをご提案します。
また、各種予算をデータベース化しておくことにより、部門別・プロジェクト別等の多角的な予算管理制度を構築することも可能です。
この際、お客様のご要望の経営管理資料の作成のために、必要に応じて、インプット情報の改善を行います。インプット情報の改善は、「会計システムの設計・構築」と「業務システムの設定・構築」に大分されます。

業務フローの構築イメージ

業務フローの構築イメージ図

インプット情報の改善

会計システムの設計・構築

マネジメントの観点から必要とされる管理が実現できるよう、会計ソフトの利用設計と各種マスタ(勘定科目体系(総勘定・補助)、部門体系、プロジェクト設定、取引先設定、振込データ等)の設定を行います。
この際に、業務システムの取引データを仕訳データに加工し、インプット情報として会計システムに登録する業務フローを作成することも可能です(※)
※例えば、販売管理システムの売上データを仕訳データに変換し、会計システムにインポートします。

業務システム(非財務データ)の設定・構築

経営管理資料で使用する情報を管理している業務システムのインプット情報の改善を行います。販売・購買業務システム等においては、商品マスタや取引マスタのコード体系を会計システムと連動するように設計し、会計システムと情報を紐づけできるようなExcelファイルを別途ご用意いたします(※)。可能な場合には、各種システムのマスタ情報を直接ご変更いただくケースもあります。
※給与システム、固定資産システム、経費支払システム等を導入する場合にも同様の設定を行います。

経営管理資料作成ツールの作成

決定した基本仕様及びインプット情報の改善結果に基づき、当社で経営管理資料作成ツールを作成いたします。当社の経営管理資料設計・構築コンサルティングでは、汎用性の高いExcelを使用することで、お客様の管理目的とご要望のアウトプットに合わせ、オリジナルの経営管理資料作成ツールを作成いたします。
また、各種分析は、主にExcelのピボットテーブルの機能を利用いたします。これにより、マウス操作のみで部門別損益表やプロジェクト別損益表、商品別粗利などの分析やグラフ作成が瞬時に作成できます。

パイロットテスト

お客様に、実際に経営管理資料作成ツールをテスト運用していただき、ご要望のアウトプットが出力されることを確認していただきます。その際に、アウトプットまでの過程で、発見された懸念事項を、お客様とお打ち合わせを行った上で、改善していきます。
また、将来に渡りお客様ご自身で運用して頂くため、定期的なミーティングを行います。ミーティングでは、大手監査法人出身の公認会計士及び経験豊富なスタッフが、ピボットテーブルの研修など、より実践的なアドバイスを行います。

このページの先頭へ

運用フェーズ

運用サポート

パイロットテストを経て、お客様に経営管理資料作成ツールを運用していただきます。実際の運用後、お客様より、分析方法の改善・変更などのご要望をいただくことがあります。その際は必要に応じて、より実践的な運用方法、分析方法をサポートいたします。

アウトソーシング

経営管理資料作成業務を当社にアウトソーシングしていただくことも可能です。
その結果、お客様は毎月の資料作成というルーチン業務から解放され、よりマネジメントに注力していただけます。

このページの先頭へ

経営管理資料設計・構築コンサルティングの特徴

  • 汎用性の高いExcelを使用するため、多額のシステム投資が不要であるとともに、追加の編集やカスタマイズが容易に行えます。
  • 会計システムのみならず、販売管理システムや顧客管理システム、人事情報など非財務データを有機的に融合させることで、パッケージソフトでは難しい多角的な分析を行うことができます。
  • Excelのピボットテーブルの機能を利用するため、マウス操作のみで部門別損益表やプロジェクト別損益表、商品別粗利などの分析やグラフ作成を瞬時に行うことができます。

このページの先頭へ

Growin’ Partners Accounting(グローウィン・パートナーズ・アカウンティング)の「経営管理資料設計・構築コンサルティング」は、予算実績表や損益分析資料等、取締役会などで使用する一連の経営管理資料の設計・構築を、会計仕訳などインプット情報の改善からサポートいたします。

お気軽にお問い合わせください!相談してみる